香川県 しつけ レッスン

【今現在ホームページはこちらに移動中です→】




わんこを迎えた以上、他人の手に渡ることになっても問題なく暮らせるように育てていくことが飼い主の義務です。


訓練を通してルールを教えること、その積み重ねでワンコはストレスに強くなり、あなたとの信頼関係を強めていきます。



訓練は問題があろうと無かろうと予防のためにも一生取り組む大切なものなのです。



さて、次はよくある問題行動の例です。

当てはまるものはありますか?




🐾Q.トイレトレーニングがうまくできない



🐾Q.甘噛みが段々強くなってきた・傷ができ

         たり出血するほど噛まれたこともある



🐾Q.散歩中引っ張る力が強くて体を痛めた・

     犬や人とすれ違うと吠えかかる




こういったお悩みは早ければ早いほど訓練期間も短くて済みますし、ワンコにかかる負担も小さくできます。


上記の問題を解決するための答えがこちらです↓↓




🐾A.トイレトレーニング


サークルの中で漏らすのか、マーキングでいろんな所にしてしまうのか、外で排泄して欲しいのか、トイレトレーニングは求めているものによって変わりますのでここで一概にはお答えできませんが、犬には必ずトイレ周期があります。

その周期を人が認識し、合わせて排泄できるようにしてあげることで失敗を防ぎます。

トイレ場所で排泄する経験を積み重ねることで覚えていきます。




🐾A.甘噛み


子犬の頃の甘噛みはさほど力が強くないため問題視されないことが多いです。

よく[歯が痒いから][愛情表現の一種・人に甘えたくて噛んでいるだけ]と言われますが、それもあります。他にも[動く手を追いかけ捕らえようとする][手に持っているおやつを奪おうとして噛む]など全ての甘噛みは“自分の欲求を通すため”に起こす行動です。

“深層心理”が一緒であれば、噛む強さは関係ありません。ですから甘噛みの対処法は人の体に歯を当てることを許さないことです。

おもちゃで一緒に遊ぶのは良いことですが遊んでいる最中に意図して歯を当ててくることはNGです。小さいことを「まぁこのくらい大丈夫。」と思って許していると犬に力が付いてきた時がっつり咬まれ大怪我に繋がります。




🐾A.散歩中の引っ張り・吠え


お散歩中グイグイ引っ張るのは、わんこが“自分の行きたいところへ好き勝手行っている”ということです。

その欲を押え、飼い主様のスピードに合わせて歩くようになるために“脚側行進”を教えます。

警察犬の服従科目としてイメージされている方が多いですが、わんこを飼っていく為に必要不可欠なものなのです。

なぜかというと脚側行進はわんこの意識が飼い主様に向いていないとできません。

[すれ違った人や犬に吠えたい]・[あちこち匂いを嗅ぎたい]などの他の所へ意識を向けたい欲を押えられるからこそ飼い主様のスピードに合わせて歩けるのです。



 

 

リンク      

犬のしつけ・訓練ナビ